【西東京 塾】GMARCH戦線異状あり。もう法政にワンチャンはない。

query_builder 2022/03/30
ブログ
法政大市ヶ谷キャンパス2

 今年の首都圏の私立大学の志願者数を見ますと、なんと明治(4位)を押さえて法政が3位になっています。(ちなみに1位近畿大、2位は千葉工業大学)また、駅伝で常勝し人気が高かった青学は14位でベストテン落ちしています。まさにGMARCH戦線異状ありです。

 かつての法政といえばMARCHの中では落ちこぼれのような印象でした。ちなみに塾長は法政大学と言えばプロ野球の江川卓投手を思い出します。(古いですね。もう怪物江川を知っている若い人はいませんね。野球少年は別だろうけど)

 その法政が志願者数3位、いったい何が起こったのでしょう?

それはもちろん都心回帰です。法政大の市谷キャンパスの写真を見てください。中央にデーンと高いタワービルがそびえています。これはボアソナード・タワーというのだそうです。この市ヶ谷キャンパスはちょうど設立120周年の2000年に完成しています。学部・学科もこれと前後して現代福祉学部(多摩キャンパス)、キャリアデザイン学部(市ヶ谷)経営学部経営戦略学科(市ヶ谷)などが新設され総合大学の陣容が充実していきます。

以下、入試情報からの引用です。


「志願者数ではとりわけ法、経営、経済、社会など従来型の社会科学系学部や、小金井キャンパスの理工、情報科学、生命科学など理工系学部が伸びている。これらの学部の受験生は、他大学との併願も多いと予想できる。学内併願を換算した実志願者数では近畿大よりも多く、近年は人気でも明治とトップ争いを演じている。

『この分野で具体的に何を学びたい』という受験生の志向の多様化にマッチさせる学部の多様化も効を奏し、人間環境、デザイン工、国際文化、スポーツ健康などの学部の志願動向も堅調だ。

 法政は、最近では女子学生の比率が40%に達している。まじめな女子法大生のあふれる高層ビルがそそり立つ市ヶ谷キャンパスも、カラフルな印象だ。法政OGである田中優子・前総長や各学部の女性若手教授の活躍も手伝って、すっかり“イメチェン”を果たしたのだ。」


 そうです。法政はこの20年余りの間に着々と市ヶ谷キャンパスや小金井キャンパスを完成させ、学部の新設や改変を行い、女子人気も獲得してすっかりイメチェンを果たしたのです。

 明治大学も我々の世代はラグビー、早明戦という男くさいイメージだったのですが、その明治も国際日本学部や情報コミュニケーション学部等で女子人気を集め志願者数でもトップを達成し、今では超人気大学となっています。

 その明治を後追いするように法政もイメチェンに成功して今や人気大学となったのです。今後はMARCHの中での序列もアップするでしょう。

 その法政に「ワンチャン」はもうありません。受験生も保護者の方もそれを意識することが必要です。因みに当志学塾でも明治と立教に合格した生徒さんが法政は不合格でした。たまたまかも知れませんが、そういう時代になったということです。

「ゆめゆめ法政を甘く見るなかれ!」です。

記事検索

NEW

  • 【西東京 塾】受験生はできるだけマスクを外そう!

    query_builder 2022/05/02
  • 【西東京 塾】新型コロナウイルス対策(オミクロン)

    query_builder 2022/04/18
  • 【西東京 塾】GMARCH戦線異状あり。もう法政にワンチャンはない。

    query_builder 2022/03/30
  • 【西東京 塾】助動詞を知らない高校生②

    query_builder 2022/03/28
  • 【西東京 塾】助動詞を知らない高校生①

    query_builder 2022/03/25

CATEGORY

ARCHIVE