志望大学の先生は志望理由書を通して初めてその受験生を知ることになります。

そこに書かれている動機や理由がどこの大学にも当てはまるようなものであったら、「この受験生は他の大学でも構わないのではないか」という印象を抱いてしまうでしょう。


そうならないためにはその大学の掲げている建学の理念やアドミッションポリシーをしっかりと読んで、自分がその大学で学ぶ意義を明確に伝える必要があります。

自分とその大学のマッチングの良さを説得力を持って語ることが大切です。


しかし、受験生にはそのツボを押さえることがなかなか難しく、ピントが外れないように的確に指導することが志望理由書作成指導の要だと考えます。
志学塾では志望理由書作成のポイントをわかりやすく指導します。